人気ブログランキング |

不眠症

治ったような気がした、めまいも、やっぱり少しある。
1月2日の夜から3日の朝にかけて、一睡も出来なかった(気がする)
自律神経失調症は、すぐには治らないらしい。

だが、しかし、気を病んでいる訳ではない。
色々勉強すると、原因が見えてくる。

不眠症に関しては、「寝てない」と思っても「実は寝ている」
6時間布団に入って、眼を瞑り、横になっているだけで、身体は回復し
6時間のうち、少しは一時間ほどは意識が飛んでいるらしい。
だから、不安にならなくて、いいそうだ。



最近の自分は、スマホ依存性になっている。
朝から晩まで、暇さえあればスマホ、iPadをいじっている。
風呂やトイレでまで動画を見ている。完全な依存性だ。
家族との会話も、動画やゲームをしながらの生返事。
これでは、いけないと猛省。

スマホやiPadで何をしているかと言うと
主にYouTube、100以上の多種多様なチャンネルに登録して、新着動画をチェックしたり、関連動画を見たりと大忙し。
YouTubeに飽きると、1日10回以上の、ヤフーニュースやら、mixiニュースやらの、ネット記事あさり。
後は、生産者の方のブログ訪問、フェイスブックなどのSNSチェック。
飽きると、将棋や麻雀、スマホゲーム
それにも飽きると、アマゾンプライムで映画見たりアニメ見たり
起きているうちの暇な時間の90%はスマホをいじっている完全なる依存性であった。

自分は、退屈が、嫌いだ。じっとしていることが苦痛だ。のんびり何もしないことが嫌いだ。

これは、ギャンブル依存性の後遺症なのかもしれない。
以前は、週7パチンコ屋にいるような人間だった。
結婚して辞めたつもりだが、やりたい気持ちはある。

ギャンブル依存性というのは、脳の病気である。
パチンコで大当たりすると、脳内でドーパミンという快楽物質が出る
これは、とても強力な幸福感をもたらす。
何度も何度もパチンコをやるうちに、ドーパミンが出まくる

普通の日常生活において、嬉しかったり、成功した時に
ドーパミンは、少なからず出るが、ほんの少量で、回数も少ない。
ドーパミン依存性にはならないが

パチンコで、ドーパミンが頻度高く、ドバドバ出続けるとどうなるか。
「パチンコ屋にいないと、大当たりしないと、幸せを感じない」人間になり
「何気ない日常が、非常につまらなく感じる」人間になる。
ドーパミンは、脳内麻薬とも呼ばれ、ドラッグと同じで使い方で人間を壊す。

「何気ない日常が、「「「非常に」」」つまらなくなる」
というのがギャンブル依存性の、私にとって厄介な点だ。
退屈が地獄に感じるのだ。何か刺激を欲してたまらなくなる。
ギャンブルを知る前は、何気ない日常も幸せだったような気がするのに

退屈が地獄な私は、刺激のあるものに依存しやすい。

話は戻り、スマホ依存性になった私は、今後スマホの使い方を考えなければいけない。
YouTubeをだらだら見るのをやめる。ヤフーニュースなどのネット記事をだらだら漁るのをやめる。テレビをだらだら見るのをやめる。ゲームをだらだらするのをやめる。

空いた時間に、家族との会話、コミュニケーションを増やす。他者とのコミュニケーションを増やす。ブログなど自分から発信する。本を読む。のんびりと退屈を味わう。何か有意義な趣味をもつ。

退屈は地獄だが、ギャンブル依存性は、自業自得。少しばかり地獄を見なければいけない。






Commented by sei at 2020-01-03 09:30 x
スマホを見る習慣を変えるより、見る内容を変えてはどうですか。
同じ仕事のほかの方のブログや、花き情報などあるかと思います。
時間が余っているのであれば、経理関係の通信教育などを始めれば将来役に立つと思います。
Commented by thecurtainlaughs at 2020-01-03 15:48
コメントありがとうございます。極端にならずに、うまく使っていきたいと思います。
通信教育、検討してみます。
by thecurtainlaughs | 2020-01-03 07:23 | Comments(2)

職業、花農家、メインはカスミ草、その他に40品目の草花を少量多品目栽培


by thecurtainlaughs